FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

じゃがいもの植付け適期です。

2009/03/22
いよいよブログを書くタイミングがなくなって参りました・・・。スタッフAです
パソコンが一台、東店に行ってしまったので、一台のパソコンを社員全員で争奪戦・・・。

自宅で書くという手もあるのですが、家に帰ったらごはんを食べて寝るだけの私。
なにしろ、保育所の頃からかけっこは常にビリ、運動会が嫌過ぎて風邪をひき、ウォーミングアップで喘息発作・・・という貧弱キャラをつらぬいて来た私(笑)。
早くも疲労がたまって、この先2ヶ月乗り切れるのか、不安でたまりません・・・。

が、明日もレジでは笑顔でがんばりたいと思いまーす



さてさて。
ジャガイモの種・・・種と言っても、芋そのものですが・・・の植付け適期がやって参りましたよ!!

ジャガイモは初心者でも簡単に育てられる野菜のひとつで、
ほとんど失敗無く収穫までこぎつけることが出来ます。

お庭の一角や、プランター、そしてなんと土嚢袋でも育てられる手軽さも魅力です。

植付けも、基本的には芋を地面に埋めるだけ。
私も小学校2年生の時に、学研の「科学」の付録でついてきたジャガイモを育てたことが有ります。

あまり沢山はとれなかったけど、ゆでてバターをかけ、おいしく頂きました。

(ちなみに、以前言ってたツタンカーメンの紫エンドウも科学の付録です。)



簡単に、鉢で育てる方法を紹介して見たいと思います。


まず鉢は、深めのものを用意しましょう。
今、外レジ前で安売りしている680円のツリーポットとかがおすすめです。

土は、「花ちゃん培養土」や「野菜の培養土」でOK。

種芋は、大きかったら半分に切ります。
(どちらにも芽が3個は残るように切りましょう。)
切り口には「ジャガイモシリカ」や草木灰をまぶしておきます。
小さければ切る必要はありません。

植え方は、下の図のような感じ。
・・・だいぶ詰め込み過ぎの感がありますが・・・。



植付けの深さは5cmくらい。
間隔は30cmくらい。

芽が何本もにょきにょき出てくるので、太くて元気な芽を3本くらい残してむしって下さい。
(これを芽かきといいます。)

葉っぱが茂ってきたら追肥です。
ジャガイモ専用の肥料が便利です。(グリーンキングや葉の有機でも可。)

そして、5cmくらい培養土を足します(増土といいます。)
これはおもに、ジャガイモがおひさまに当たって緑になるのを防ぐためですね。

そのあとは、花が咲いたらまた追肥&増土。

収穫は、約12週間後。
葉っぱが茶色く枯れてきたらもそっと引っこ抜いて収穫です。




ジャガイモの種は、毎年3月いっぱいでほとんど売切れです。
既に、アンデスレッドやベニアカリ、キタアカリ、メークインは在庫がわずかになってきました。
男爵はまだたくさんありますが、まとめ買いのお客さんが多いのでどうなることやら・・・。


マンション暮らしでも、お庭が狭くても、めんどくさがりでも作れるジャガイモ。
この春、ぜひぜひおためし下さい。
スポンサーサイト
19:15 植物の育て方・管理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析